二重整形なら切開法がイチオシ|費用相場を要チェック

綺麗に足るためのポイント

鏡を見る人

基本的な知識を押さえる

以前に比べ社会的な認知度が高まったのが美容整形です。特に女性の場合簡単に二重にできるプチ整形は身近な存在として、若い女性だけでなくある程度年齢を重ねた女性でも利用する人が増えています。しかし中にはどのようなことを行うのかわからず、二の足を踏む人も少なくありません。その為まずは美容整形の基礎知識や豆知識について知っておくと良いでしょう。まずプチ整形に関してですが、プチとは名がついていても他の美容整形と同じく美容外科クリニックなどで処置を受けることになります。他の処置との大きな違いはメスを使うか否かという点で、痛みが少なく日帰りで行えるなど簡単に受けることができるというのがプチの名が付いている理由です。また傷跡が残りにくく、費用も比較的安価な点などもメリットとして挙げられますが、時間が経過すると二重から一重に戻ることがあるため、それをメリットとして感じる人もいればデメリットと感じる人もいます。前述の通り費用も安価なため、メイクの延長として処置を受ける人も少なくありません。一方その他の二重の整形は基本的にメスを入れることになります。その方法も埋没法と呼ばれる方法と切開法と呼ばれる方法が存在し、クリニックによってはどちらか片方しか受けられないことがあります。埋没法はまぶたに糸を通し二重まぶたを作る方法です。痛みや腫れが少なく、短い時間で行えることから費用も安いため、初めて受ける人も安心して処置を受けることができます。その為人気が高いのですが、人によって使用する糸の本数が変わったり、まぶたの形や体質によって受けられないことがあったりするため注意が必要です。一方の切開法はその名の通り、まぶたの一部にメスをいれることで、くっきりとした強度の強い二重まぶたを作ることが可能です。それは大きなメリットとなりますが、もとのまぶたに戻せない点や埋没法と比べると痛みが強い点、更にはかかる費用も比較的高額になりがちというデメリットが存在します。ただし最近では多くのクリニックで切開後のシミュレーションは、画像を利用して行ってくれるので、処置を受けてから大きくイメージが違ったという事態を避けることが可能となっています。また費用に関してもクーポンやキャンペーンなどを定期的に行っているクリニックも多いため、それらのタイミングで処置を受けることでかかる費用を大きく押さえることも可能です。どの場合にも言えることですが、それぞれの基礎知識をしっかり押さえ、自身に合った方法を選択することをお勧めします。

Back to Top