二重整形なら切開法がイチオシ|費用相場を要チェック

カウンセリング

美容処置を受けるなら

現在一重で悩んでいる人にお勧めなのが二重への整形です。最近ではメスを使用しない処置も多く、アイテープ間隔で利用できる処置も存在します。その他にも様々な方法がありますが、処置後の対処や費用などについても比較検討を行うことをお勧めします。

Read More

切開法の種類を確認

ウーマン

切開する幅に違いがある

ぱっちり二重に憧れているという方の中には、美容整形でその夢を実現したというケースも少なくありません。二重を形成する美容整形には色々な種類がありますが、まぶたの脂肪が厚いという方や、クッキリとしたラインを作りたい方には、切開法をおすすめします。切開法は文字通りメスでまぶたを切開し、二重のラインを作り出す美容整形で形成したラインは、半永久的に消えないのが特徴です。切開法は大きく分けて、小切開法と全切開法という施術方法に分けられているので、切開法を受けたいと考えている方は、この2つの違いを確認しておきましょう。小切開法はまぶたを切開する範囲が、1センチから2センチと短いのが特徴で、ミニ切開法などとも呼ばれるケースがあります。切開する範囲が1センチから2センチと、とても短いので傷が小さく施術後の回復も早いのが小切開法の魅力です。全切開法はまぶたの端から端までを切開して、二重のラインを作る美容整形で、幅の広い二重にしたいという方に向いています。切開する範囲はだいたい3センチから4センチ程度で、クッキリとしたラインを作れるのが全切開法の特徴です。まぶたの脂肪が厚すぎる場合は、小切開法・全切開法ともに眼窩脂肪など、余分な組織を除去する施術も行います。脂肪などを取り除く事でさらに二重のラインがクッキリとなり、腫れぼったいまぶたも改善する事が可能です。全切開法の場合、同時に眼瞼下垂手という美容整形を受けると、目の幅自体が広がり黒目部分も大きくする事も出来ます。目の印象を大きく変えたいという時は、全切開法と他の目元の美容整形を組み合わせてみるのも良いでしょう。手術を受ける場合、自分に合った施術法かどうか、そしてどのくらいの費用が必要になるのかは、確認しておきたいポイントです。小切開法はメスを使わないプチ整形だと、二重のラインが取れてしまうという方に向いている美容整形と言われています。全切開法も消えないラインをキープしたいという方はもちろん、皮膚のたるみが強いという方に向いている美容整形です。切開する範囲が多少違うという事もあり、小切開と全切開の費用には少々差があるので、平均的な費用を事前に把握しておく事もおすすめします。クリニックによっても変わりますが小切開の場合は約20万円前後、全切開になると約25万円から30万円程度の費用が相場です。美容外科クリニックでの治療は健康保険が適用されない事もあり、施術の費用は決して安くはないものの、小切開・全切開の効果は半永久的に続きます。長年、目元にコンプレックスを感じてきたという方にとって、1度施術を受けたら二重をキープできる、小切開・全切開は長い目で見るとお得です。今は美容整形の認知度も上がり敷居も低くなっているので、理想の自分へと変える為に、小切開・全切開の施術を検討してみてはいかがでしょう。

目

目のコンプレックスを改善

まぶたを二重にするために、整形で埋没法か切開法で手術を行うことで、コンプレックスだった一重を二重にすることが出来ます。手術後には、気を付けなければならないことが多数あり、保険が使えないことから高額な費用がかかります。

Read More

先生

密かにきれいになる

二重の手術は出来るだけナチュラルに整形してもらえるクリニックを選ぶと安心です。いきなり人工的なくっきりとした二重は周りの反響が強くなります。費用に関しては、クリニックによって金額が違いますので、相場を把握して比較検討するとわかりやすいです。

Read More

鏡を見る人

綺麗に足るためのポイント

現在女性に人気の処置が二重まぶたを人工的に作るプチ整形です。比較的安価な費用が行うことができるので、年齢を重ねた女性からも人気ですが、大きなメリットに対してデメリットも存在します。そのため事前に基礎知識を押さえておくことをお勧めします。

Read More

Back to Top